安全な買い物をするために

クレジットカードで買い物するときには注意したいことがあります。

世の中にはあくどい人間がいて、あなたが送信した個人情報を盗聴し、盗聴して手に入れたクレジットカード情報を利用して海外で買い物をするというような被害があります。

私はハッカーでもクラッカー(チーズやサーモンをのせて食べたらおいしいというヤツではありません。もちろん、お誕生日おめでとう!パンパンという爆竹のようなうるさい音が鳴るパーティーグッズでもありません。)でもないので、詳しくはわかりませんが、情報をメールなどで送信したとき、その送信した情報を途中で盗むことができるということです。

送信した内容が途中で盗まれるのを防ぐためのシステムがあり、それがSecure Socket Layer、略してSSLというものです。

ネットショッピングは自宅にいながら好きなものが変えるのでとても便利ですが、どのネットショップでもクレジットカードを使って買い物をして良いというわけではありません。クレジットカードなどの個人情報を入力するページでSSLという技術が使われているかどうかが、安全に買い物をすることができるかどうかの一つの目安となっています。

SSLでは公開暗号システムと呼ばれる技術が使われていて、情報を暗号化することができます。この暗号が複雑でたとえ途中で情報が盗まれても解読にはとてつもない時間がかかります。

ただ、日々科学は進歩しているので、もしかしたらこのSSLを打ち破る技術が開発され、SSLによって暗号化されて情報を読み解くソフトも開発されるかもしれません。そのような場合はまた新しいシステムが出来るとは思いますが、安全を守るための技術と安全を脅かす悪い技術のいたちごっこが今後起こるような気がします。

ちなみにSSLを利用したページには、ページアドレスの横に鍵のマークがあります。

安全の印の鍵マーク

このマークがあればSSLの技術を利用したページです。個人情報を送信するときに、誰かに盗み取られるという心配はなくなります。

ネットショッピングで安全に買い物をするために必ずクレジットカードの番号を入力する前に、ページアドレスの右横に鍵マークがあるか確認してください。もしも鍵マークがなければ、買い物しないという気持ちが大切です。

今現在インターネット上でクレジットカードによる決済をするときは、SSLを利用することを義務付けられています。なので、利用していないネットショッピングのサイトはまずないと思います。もしあるとすれば、怪しいサイトということになります。絶対にクレジット番号、生年月日などの個人情報を入力してはいけません。