ネットショッピングで安全性を高めるために

ネットショッピングでカード決済をするとき、クレジットカードの番号と生年月日を打ち込むだけで商品を購入できてしまいます。

とっても便利なシステムですが、そんなに簡単に買えてしまい大丈夫なのかという不安もあります。

そこで本人確認のためにセキュリティコードを利用して、安全性を高めようとしているネットショップもあります。セキュリティコードは、カードの裏面の署名のすぐ右側にある数桁の数字です。

この数字すべてをセキュリティコードと言うわけではなく、右側から3桁もしくは4桁をセキュリティコードと呼ぶようです。何かネットショッピングで商品を購入するとき、本人確認のためにセキュリティコードの入力を求められることがあります。

手軽に購入することが出来るネットショッピングで、手間が増えるのは面倒ですが、やはりセキュリティの面も大切にしていきたいです。

このセキュリティコードを利用することで、スキミングによる偽造のクレジットカードを使おうとする犯人は、セキュリティーコードが磁気ストライプに元々入っていないので、何も買うことができません。

ただ、このセキュリティコードもスキミングによるカード犯罪は防げても、犯人の手元に盗んだクレジットカードがあれば意味がありません。

安全性の高いクレジットカードによるネットショッピングができるように、新しいシステムが開発されるといいですね。