コンビニでもカードが使える

クレジットカードは、支払いを最大で1ヶ月遅らせることができます。またカードを店員さんに渡すだけで、買い物ができます。1万円札でジュースを買ったときにたくさんのお札と細かいつり銭が返ってくるというわずらわしさがありません。

とっても便利なクレジットカードですが、便利なだけがクレジットカードの魅力ではありません。今ではクレジットカードは年会費無料が当たり前。さらに利用額に応じてポイントがもらえます。

たとえば、当サイト『地球に優しい年会費無料のクレジットカード』で紹介している楽天カードの場合、クレジットカードでの支払い100円ごとに楽天ポイントが1ポイントもらえます。

この楽天ポイントは、日本のインターネットショッピングで最大級の楽天市場で1ポイント=1円として利用することができます。

つまり楽天カードで毎月3万円の支払いをしていたら、1ヶ月で楽天ポイントが300ポイントたまるので、1年間だと3600ポイントもたまります。何か好きなものが1つ楽天市場で買えそうです。

さて、そのためには日ごろからクレジットカードでの支払いを習慣付ける必要があります。クレジットカードを使える店では、たとえ数百円でもクレジットカードで支払う、そういう習慣をつけることで、よりクレジットカードのポイントがたまっていきます。

たかだか数百円の支払いにクレジットカードを利用するのは迷惑かな?と感じる方もいるかもしれません。たとえば、クレジットカードを利用することができるコンビニエンスストアでアイスクリームを購入し、その購入代金をクレジットカードで支払ったとします。

このとき、別に店員さんは
「たかだか、数百円の買い物でクレジットカードを利用するなんて、迷惑な客だな」
とは考えていません。むしろ、1万円札を出されると、お金の数え間違いもあるので、お札を出されるほうが迷惑なくらいです。

もちろん、コンビニエンスストアの場合は、レジ担当の人のほとんどがアルバイトなので、その店の売り上げなどは気にしていません。ですが、店長の場合はクレジットカードだと手数料がカードから引かれるので売り上げも下がります。

なので、店長の場合はクレジットカードを利用すると、心の中では嫌な気持ちもあるかもしれません。

私の経験では、タクシーにクレジットカード可と書いてあるのに、クレジットカードでタクシーの料金を支払おうとすると
「すいませんが、クレジットカードは利用できないんですよ」
といわれたことがあります。

ちなみにクレジットカードを利用することができるコンビニエンスストアは、ファミリーマート、ローソン、サークルKサンクス、ミニストップです。

AMPMやセブンイレブンではクレジットカードを利用することはできません。