偽造クレジットカードの被害を防ぐ

ある日、クレジットカードの請求書を見たらびっくり!!ショッピングで30万円、キャッシングで40万円、合わせて70万円の請求がありました。まったく心当たりがありません。

最近は、クレジットカードがIC化されてスキミングの被害も減ってきましたが、以前は手元にクレジットカードがあるのに、いつの間にか不正使用されるというような事件がありました。

これはスキミングと呼ばれるもので、クレジットカードの黒色の磁気ストライプからデータを盗み取り、別のクレジットカードを作成し、悪用されると言うものです。

この磁気ストライプからはスキマーと呼ばれる機械を使って簡単にデータを盗み取ることができます。スキマーの大きさはズボンのポケットに入るくらいの大きさで、たとえば飲食店などでカードを預けた際にスキマーを使ってデータが盗み取られる場合があります。

なんと飲食店のアルバイト店員と窃盗団がグルになってクレジットカードのデータを盗んでいた事件がありました。また、都内で空き巣に入られたが、特に何も盗まれなかったという不可解な事件もありました。空き巣に入った泥棒はクレジットカードから情報を盗んだのです。

スキミングされ、偽造のクレジットカードを作り悪用された場合は手元にクレジットカードがあるだけに、不正利用されたことになかなか気づきません。しっかりとクレジットカードの請求書をチェックして不正利用がないか確認する必要があります。もしも見に覚えのない請求があれば、すぐにクレジット会社に連絡します。スキミングによるクレジットカードの不正利用の場合は、全額クレジットカードの会社が保障してくれるので安心です。

ただし、今後もスキミングのカード被害にあわないように次のようなことに気をつけてください。

まずは、飲食店やエステ、マッサージ店でサービスを受けているときなど、常にクレジットカードなどの貴重品は手元に置いておきます。さらに、飲食店やホテルなどでの支払いをクレジットカードでする場合は、絶対に目の見える範囲で決済してもらうようにしてください。

もしもクレジットカードで決済するときにどこか別の部屋に移動されたなら、スキミングをしようとしている、と疑ってかまいません。その場合は、クレジットカードの決済を断り、現金で支払う勇気を持ちましょう。

あとは、風俗店や怪しいマッサージ店など、店員が犯罪組織とつながっている可能性があります。そのようないかがわしい店ではクレジットカードを利用しないようにしてください。