カード被害の補償サービス

クレジットカードを悪用されてしまった!そんなときは、泣き寝入りしかない、と思っていた方、それは間違いです。

もしもクレジットカードが悪用されたときはカード会社もしくは保険会社が、被害額を保障してくれるサービスがあります。

年会費無料のクレジットカードを持っている人が多いので、あまり意識したことはないかもしれませんが、実を言うと、クレジットカード会社は保険会社に損害保険やショッピング保健、旅行傷害保険などに入っています。

本来ならクレジットカード会社はカードを所有している人から年会費を取り、そこから保健の掛け金を支払うのですが、今はクレジットカード会社の競争が激化して年会費無料が当たり前の時代になりました。

もしもクレジットカードが悪用された場合は保険会社からカード被害を補償します。ただし、大企業によるカード情報流失事件やスキミングによる被害、ネットショッピングからの不正利用の場合は、保健では実質保障されません。

この場合は、全額クレジットカード会社が負担することになります。もしも巨額なクレジットカードを悪用した事件が起きれば、その被害額はそのまま、クレジットカード会社が負担せねばならず、クレジットカード会社は経営危機になると思います。

一つだけ気をつけることがあります。もしもクレジットカードで不正利用があった場合は、すぐにクレジットカード会社に連絡してください。

クレジットカードの不正による保障期間は届け出た日から60日前からスタートし、60日間のみの保障となります。なので、届出は早ければ早いほど良いです。

もしも気づくのが遅くて、クレジットカードの不正利用が発覚して1年がたった時点でクレジットカード会社に連絡しても補償サービスは受けられません。