カード会員になるための条件

クレジットカードは誰でも作ることが出来るというものではありません。もしも誰でもクレジットカードを持てるというのであれば、無収入の人までクレジットカードを作ってしまいます。また自分でお金を稼ぐことができない高校生もクレジットカードを作ることができるということになります。

しかし、もしも誰でもクレジットカードを作ることができるとしたら、無収入で返済能力のない人や、支払い能力のない高校生までがクレジットカードを作ってしまいます。そんな人たちがクレジットカードを作り、ちゃんと自分が使ったカード利用料金を支払わなければ、クレジットカード会社の負債になります。わざと自己破産する前にクレジットカードを作り、買い物三昧をする、なんて悪質なことをする人もいるかもしれません。

このように誰でもクレジットカードを作ることができるとなれば、クレジットカード会社はすぐに破産してしまいます。そこで、クレジットカードを作るときはある一定の条件があります。

その条件とは年齢、定職、年収です。まずは高校生ではクレジットカードを作ることはできません。大学生である場合、親の収入などが考慮されてクレジットカードを作ることができるようです。

定職についていることもクレジットカードを作るときには有利に働きます。年収が1000万円の自営業、自由業の人、また資産は持っているが定職にはついていない、そんな人たちの場合、審査が厳しいクレジットカードの場合、審査に落ちることもあります。

フリーターや真面目にアルバイトをしている人でも、審査の厳しいクレジットカード会社の場合、審査に落とされることもあります。もしも将来独立を考えている人で、あのクレジットカード、ゴールドカード、シルバーカードが欲しいといのがあれば、独立する前に先に作っておくことをオススメします。独立してからだと、審査の厳しいクレジットカード会社の場合、審査に落とされる可能性があります。

あと、クレジットカード会社によっては勤続年数をみるところもあります。大企業や公務員の人だと、クレジットカードの審査に通りやすいといわれています。