個人情報を守るために

ネットショッピングは24時間いつでも好きなときに買い物をするときができ、また実際に店舗を持つ店で購入するよりも安く買うことができるなど、便利な点も多いですが、利用するときには十分注意したいことがあります。

それは、クレジットカードの番号や自宅の住所、誕生日などの個人情報を送信する前に本当にこの情報を送信しても良いのかどうか確認することです。

インターネットで情報のやり取りをするときに、商品購入画面で入力した名前や住所、クレジットカードの番号は直接相手に届くわけではありません。途中、送信者や受信者が加入しているプロバイダーやサーバーなどを中継して情報がやりとりされます。

この中継地点で、個人情報を盗もうとするプロのハッカー?たちがいます。いったいどうやって送信した情報を盗み取るのかわかりませんが、とりあえず普通のメールなどの情報のやりとりは、パソコンに精通したスペシャリストになると、そのメールの内容を途中で傍受することも可能だそうです。

そこで、大事な情報を送信するときはSSLという暗号方式を利用して情報のやり取りをすることが大切になります。SSLに対応したページかどうかを調べる方法は、ページのアドレスを見ることです。

クレジットカードの番号や住所などの個人情報を入力するページのアドレスが
https://
になっていれば、個人情報を入力しても安心です。途中で情報が誰か第三者に盗聴されると言うことはありません。ですが、逆に個人情報を入力するページはいつもと変わらない、
http://
であれば、そのサイトでは絶対に個人情報を入力してはいけません。はっきり言って、セキュリティーに対する考え方が甘すぎます。懸賞サイトやお小遣いサイトなど、個人情報を入力する機会が多い人は、そのサイトが個人情報を入力するページでSSLに対応しているのか、しっかりと調べて下さい。そしてSSLに対応していなければ、信用できないサイトなので個人情報を入力するのは避けなければいけません。