公共料金の支払いはクレジットカードが得

公共料金には、国会や政府、地方公共団体が価格を決める、電気代・ガス代・水道代などをいいます。

細かく言うと公共料金には、学校の教科書や下水道料金、NHKの放送受信料なども含まれます。

これら公共料金のうち、クレジットカードを利用することができるものがあります。公共料金の支払いもクレジットカードを利用できるのであれば、使わないと損です。

なぜなら、クレジットカードの中には利用料金ごとにポイントが加算されて、1年後、2年後には、そのポイントが素敵なプレゼントとなって戻ってくるからです。

実際にクレジットカードで支払うことができる公共料金には、電気料金があります。
東北電力  東京電力 中部電力 北陸電力 関西電力 中国電力 四国電力 九州電力
すべての電力会社でクレジットカードを利用することができます。

都市ガスの利用料金も
北海道ガス 仙台市ガス局 千葉ガス 京葉ガス 東京ガス 中部ガス 名張近鉄ガス 大和ガス 河内長野ガス 山口合同ガス 四国ガス  西部ガス
など多くのガス会社で利用可能です。

そのほか水道料金では、
東京都水道局 横浜市水道局 笠松町水道課 三重県玉城町 尾鷲市水道事業 三次市水道課 兵庫県猪名川町 香川県丸亀市
でクレジットカードが利用可能です。

国民年金保険料も平成20年3月よりクレジットカードで支払いができるようになりました。

そのほか、公共料金ではありませんが、新聞代もクレジットカードで支払いが可能です。払えるものはすべてクレジットカードで!この合言葉がクレジットカードでお得な生活をするためのポイントです。