ネットショッピングとの相性

インターネットが普及するにつれて、ネットショッピングもうなぎのぼりで普及しました。今では、ネットショッピングは当たり前の時代になっています。

ネットショッピングは、24時間いつでも、好きな商品を購入することができます。豚のえさから、コンクリート、好きなブランドの洋服、お風呂の洗剤など、遊園地の入場券などネットショッピングで購入できないものはない、というくらいありとあらゆるものが売られています。

さらに日本だけでなく、世界中から好きな商品を購入することができます。また商品だけでなく、ホテルの宿泊予約、アニメや映画などの動画配信サービスなど、いろいろなサービスもネットショッピングを利用することで受けられます。

ネットショッピングは好きな時間に購入することができるメリットのほか、ネットショップは繁華街の一等地に店を構える必要がありません。また接客も必要ないので人件費もいりません。そのため、維持費を安くすることができ、商品も普通のお店比べて安いです。

テレビショッピングのように衝動買いもなく、冷静に吟味しながら商品を選ぶことができるのもネットショッピングの魅力と言えます。

さて、そのようなネットショッピングとクレジットカードには切っても切れない強いつながりがあります。ネットショッピングで買い物をしたときの料金の支払いは、代金引換、銀行振り込み、コンビニ決済、そしてカード決済といくつかの方法があります。

その中で、代金引換だと、配達のお兄さんが来た時に商品の代金を支払う必要があり、もしもそのときにお金がなければ非常に迷惑をかけます。代引き手数料も数百円かかります。コンビニ決済や銀行振り込みだと、わざわざコンビニ、銀行に行くのが面倒です。

一方、カード決済だと、インターネット上でカード番号と生年月日を入力するだけなので、非常に便利な決済手段と言えます。また、支払いは1ヶ月先にノバすることができるので、買ったときにお金がなくても、ちゃんと購入することができます。1ヵ月後に銀行口座にお金を用意すればいいのです。

ネットショッピングとクレジットカードにはこのように切っても切れない関係にあるといえます。