カードのサインについて

クレジットカードの裏面にご署名という欄があります。こちらには、クレジットカードが自宅に届いたらすぐに書名する必要があります。

このとき悩むのが、漢字で署名するか、平仮名で署名するか、片仮名で署名するかです。結論から言うと、漢字でもカタカナでも平仮名でもオッケーです。

私は漢字だと画数が多くサインするのが大変なので、カタカナにしています。ただし、一般的には悪用防止には漢字が良いといわれています。

なぜかというと、もしも旅行先でクレジットカードが盗まれて悪用された場合、外国人なら漢字でサインするのは難しいから悪用されないだろうという考えからきています。

ですが、このアドバイス、よく考えたら甘い!としか言いようがありません。クレジットカードを悪用しようと考えている人が、裏面のサインが漢字だったからといってあきらめるでしょうか?もともとクレジットカードを利用するということはかなりのリスクがあり、素人はたとえクレジットカードを拾っても現金を拾ったときのように、そのクレジットカードで何か物を買うということはしないはずです。

他人のクレジットカードを利用するということは、たとえ他人のクレジットカードを使っても捕まらない何かしらの方法を知っているということです。たかが裏面に漢字で署名していたからといってクレジットカードを悪用する人はあきらめません。

さて、漢字で署名することが無意味なので、結局、平仮名でもカタカナでもオッケーなわけです。

さて、クレジットカードの署名ですが、実をいうとカタカナと平仮名、漢字の組み合わせも可能ということです。たとえば薔薇夢羽舞という名前の人がいたとします。ちなみにバラユウマと読みます。こんなもの漢字でサインした日にはレジの後ろに並んでいる人に迷惑をかけてしまいます。

でも、漢字は利用したい!ならば、平仮名・カタカナ・漢字を組み合わせて
バラゆ羽ま
とすることも可能です。する人がいるかどうかはわかりませんが・・・

クレジットカードの署名の基本は、クレジットカードの所有者が毎回同じサインをする、このことが一番大事だそうです。