三者間の信頼関係

クレジットカードで言うところの三者間の信頼関係とはどういうことでしょうか?

まずは三者について考えてみたいと思います。まずはクレジットカードを作った会員である私たちが一人目です。

二人目はクレジットカード会社です。そして三人目がクレジットカードを利用することができるお店となります。

この三者の間での信頼関係ということになります。どのような信頼関係がこの三者で結ばれているのでしょうか。

まず、クレジットカード会員であるクレジットカードの利用者は、お金を持っていなくてもクレジットカードの加盟店から洋服やバッグ、好きな靴、また日用品などを購入することができます。

お金を持っていなくても、様々な商品を購入できるのは、クレジットカードの加盟店が、後でカード会社からお金を支払ってもらえるという信頼があるからです。

ではなぜ、カード会社は加盟店にお金を支払ってくれるのでしょうか?それは、クレジットカード利用者である会員が、後にお金を振り込んでくれるという信頼があるからです。

そしてクレジットカード利用者である私たちも意識しているかどうかは別にして、その場でお金を支払わなくても、クレジットカード会社が商品代金を立て替えてくれているという信頼があるから、財布にお金がなくても商品を購入することができるというわけです。

この信頼関係を三者間の信頼関係と言います。